「ニッポン株式会社」で相次ぐ品質不正 「安全安心」と空念仏唱える経営者の現場への甘えが噴出した!

 「安全安心」「安心安全」と空念仏を唱えているうちに、安全確保を現場の職人芸に丸投げする危うさを生じさせてしまったのではないか。大手製造業による品質検査をめぐる不正行為の背景に、そんな甘さを感じる。

 神戸製鋼所の製品検査データ改竄(かいざん)、日産自動車やSUBARU(スバル)での無資格者による完成車検査と、相次いで問題が表面化した。

 経済同友会の小林喜光代表幹事は記者会見で、神戸製鋼と日産の問題に関して、こう述べている。「(経済同友会でも)これを他山の石とし、自分自身の問題として見直す良い機会にしたい。そうでないと、日本が築き上げたブランド価値は毀損(きそん)され、甚だしく落ちていくという危惧を持っている」と。

 不正はいずれもかなり長期にわたって常態化していた。

 神戸製鋼の検査データ改竄の期間は、10年はくだらないようだ。日産では無資格者による検査が「40年前から」と報じられている。スバルでは「30年前から」だという。

 これらが原因で事故や不具合が起きたという報告はまだない。神戸製鋼は10月26日の記者会見で、不正な製品の納入先525社のうち約8割で「安全性」が確認されたと言っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ