TPP カナダが土壇場で反対 首脳間の大筋合意持ち越し

 【ダナン=田辺裕晶】米国を除く環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加11カ国は10日にベトナム中部ダナンで予定していた首脳会合を開けず、首脳間の大筋合意を持ち越した。安倍晋三首相らは閣僚から大筋合意の報告を受け成果を確認する運びだった。だがカナダが土壇場で首脳会合での合意宣言に反対した。

 安倍首相は10日、記者団に「TPP11は昨日の閣僚会合で大筋合意に至った。しかし、本日、カナダ側から首脳レベルでは合意を確認できる段階ではないという発言があった」とし、「首脳会合は延期することにした」と説明した。

 11日までのアジア太平洋経済協力会議(APEC)期間中に首脳会合を開くめどは立っておらず、今回は首脳間の大筋合意が見送られる可能性も出てきた。

 11カ国は10日夜、閣僚会合を開催。大筋合意に対するカナダの異論をめぐって対応を協議したとみられる。

 閣僚会合の共同議長を務めた茂木敏充経済再生担当相は9日の会合後、交渉の大筋合意を発表した。だが、カナダのシャンパーニュ国際貿易相は10日、「大筋合意していない」とツイッターに投稿。安倍首相はカナダのトルドー首相と会談し翻意を促したが、折り合えなかった。通商交渉で大筋合意の発表後、交渉が再びもつれるのは極めて異例の展開だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ