トヨタ、一転営業増益へ 円安が寄与 18年3月期の連結業績予想

 トヨタ自動車は7日、2018年3月期連結業績予想で、本業のもうけを示す営業利益を前期比0・3%増の2兆円に上方修正すると発表した。2年連続の減益としていた従来見通しから一転して増益となる。

 円相場が想定より円安で推移し、輸出の採算が改善する。従来見通しは7・2%減の1兆8500億円だった。

 最終利益予想も4・4%減の1兆7500億円から、6・5%増の1兆9500億円に引き上げた。売上高は3・3%増の28兆5千億円で据え置いた。

 同時に発表した17年9月中間連結決算の売上高は前年同期比8・6%増の14兆1912億円、最終利益は13・2%増の1兆713億円。営業利益は1・8%減の1兆965億円で、中間決算として2年連続の減益だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ