シカゴ穀物、総じて上昇

 6日のシカゴ穀物市場は総じて上昇した。

 大豆はブラジル産地の乾燥が作付けの妨げになるとの懸念などから買いが優勢となった。トウモロコシは米国産地の降雨で収穫が遅れるとの見方が相場を支えて、おおむね上げた。小麦は空売りの買い戻しがあり、反発した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ