「8K」シャープの孤独な戦い、勝算はあるか ライバル各社は有機ELに注力

【ビジネスの裏側】

 シャープが超高精細な画質「8K」に対応した世界初の液晶テレビの販売に乗り出す。まずは10月に中国で発売し、12月には日本でも販売を始める。シャープは8Kを成長戦略の要と位置づけるが、放送局は巨額の設備投資が必要になるため及び腰だ。国内のライバルメーカーは8Kではなく、次世代パネル「有機EL」に力を注ぐ。孤独な戦いに挑むシャープに勝算はあるのか。(橋本亮)

 市場の先導役として

 「業界に先駆けて続々と商品を投入し、8Kの市場を切り開いていきたい」

 シャープが東京都内で8月末に開いた8K液晶テレビの発表会。西山博一取締役は市場の開拓に強い意欲を示した。

 8Kはフルハイビジョンの16倍、現行の4Kの4倍という高い解像度を持つ。シャープはすでに業務用の8K対応液晶ディスプレーと受信機を販売しており、8K市場では独走状態を続けている。8Kテレビのいち早い投入には、他社をさらに引き離す狙いもある。

 発表会で、TVシステム事業本部の喜多村和洋副事業本部長は「平成32年度にシャープが世界で販売する(60型以上の)大型テレビの半分を8Kに変える」との計画を明らかにした。

次ページ高解像度テレビの需要が大きいとされる中国での販売台数は、日本の10倍と…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ