「韓国経済は高品質」それでも消えない世界トップ10脱落の不安

【経済裏読み】

 立派な経済国家に育ったものだ-。国際通貨基金(IMF)が、かつてスパルタ教育を施した韓国に賛辞を贈った。しかし、実態をみれば手詰まり感が漂う。国内の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する中国からの報復と、緊迫する北朝鮮情勢で息苦しさが増す中、安定を目指した規制の副作用が懸念され始めた。南北統一で「新たな成長力」獲得を、との議論はあるものの、今のところは夢物語。頼みは輸出だが実入りは見かけほどよくないらしい。

 経済模範生

 韓国を窮地に陥れた通貨危機から20年。当時、緊縮財政や痛みを伴う構造改革を迫って「死神」とまで呼ばれた国際通貨基金(IMF)が、「韓国の経済成果は高品質だ」と持ち上げてみせた。

 9月11日に韓国記者団と懇談したラガルド専務理事の発言だ。中央日報(日本語電子版)は「IMFのトップが韓国を経済模範生と認めた」と表現した。

 ラガルド氏は今後の経済運営についてもアドバイス。「最低賃金の引き上げは消費を促進させ、内需を再生し、経済成長をもたらす」とし、社会保障充実などの積極財政も勧めた。

 ただ韓国は今、停滞の影におびえている。中央日報は、別の記事で英エコノミスト誌の調査部門の分析を伝えた。「2050年になると韓国の経済規模が世界10位圏から外れる」というものだ。

次ページ「(韓国は)これから人口が減り、成長動力を期待するのが難しくなる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ