スバル、自動運転技術搭載のセダン 東京モーターショーで世界初公開へ

 SUBARU(スバル)は25日、自動運転技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトカーを10月下旬に始まる東京モーターショーで世界初公開すると発表した。自動ブレーキなどの安全装備を備え「安心で楽しいクルマづくり」を発信する。

 初公開するのは「スバル ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」で、車名には「革新のための未来像」との意味を込めた。スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を搭載する。

 スバルはこのほか、スポーツセダン「WRX STI」の走行性能を一段と高めた「S208」などを出展する。S208は450台の限定モデルで、仕様や販売方法を10月25日に発表する。

 東京モーターショーは10月27日~11月5日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ