過熱する「加熱式たばこ」市場 JT「他社製品とコンセプトが全く異なる」も販路が…

 喫煙人口が年々減る中、加熱式が国内たばこ市場に占める割合は急拡大しており、顧客獲得合戦が過熱するのは間違いない。(経済本部 山沢義徳)

 加熱式たばこ 世界的には、ニコチンや香り成分の含まれたリキッド(液体)を電気で熱して蒸気を吸う「電子たばこ」が主流で、日本でも専門店が増えている。しかしニコチン入りリキッドは国内販売が規制されているため、たばこ葉を熱する「加熱式」が普及。スイスにも同様の規制があり、JTなどが加熱式の有望市場とみて販売を広げている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ