世耕弘成経産相、半導体売却の東芝「株式公開で独立発展を」

 世耕弘成経済産業相は22日の閣議後の記者会見で、経営再建中の東芝が半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却先を決定したことを受け、「東芝メモリが将来の新規株式公開(IPO)を通じて独立した企業として発展し、競争力強化に取り組むことに期待したい」と述べた。

 売却先に決まった米ファンドが主導する「日米韓連合」については、「高い競争力を有する半導体技術の維持強化や技術流出の防止、三重県四日市市や新しい拠点に選ばれた岩手県北上市の雇用や拠点機能の維持強化の観点に沿う」と歓迎した。

 米ウエスタン・デジタル(WD)との係争状態が続くことについては、「早期に関係を修復し、ともに競争力強化へ経営資源を集中することを期待したい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ