「穴場を回れる」自転車観光の人気急上昇 外国人急増で脚光、利用拡大

【ビジネスの裏側】

 大阪や京都の市街地で自転車が見直されている。借りた自転車を目的地付近で返却できる「シェアサイクル」、早朝や夜間に自転車を貸し出す「レンタサイクル」の利用が拡大。急増する外国人観光客の間で、「電車や徒歩で見つけにくい穴場を回れる」と人気が急上昇している。(牛島要平)

 風景楽しめる

 大阪・キタの繁華街にほど近い「ANAクラウンプラザホテル大阪」に今年5月、シェアサイクル「HUB chari(ハブチャリ)」の自転車ポートが設置された。宿泊客がフロントで申し込めば、自転車を借りることができる。

 ハブチャリのポートは大阪市に11カ所、大阪府門真市に1カ所。自転車は目的地に近いポートで返却すればいい。ドコモ・バイクシェア(東京)のシステムを利用している。

 受付でキーを受け取り、料金(1時間200円)を現金で支払う「アナログ会員」と、インターネットで予約して料金(30分150円)をクレジットカードで支払い、カードやスマートフォンを自転車の操作パネルにかざして解錠する「スマート会員」がある。

 シェアサイクルは大阪ではまだ珍しいが、ハブチャリを運営するNPO法人「Homedoor」(大阪市北区)の川口加奈理事長(26)は「風景を楽しみながら移動したいという外国人観光客の利用が年々増えている」と話す。利用者は年間6千~7千人で、約6割が外国人という。

次ページポートは、ホテルや店舗などに用地を提供してもらって設置

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ