西武船橋・小田原店を閉鎖 来年2月 主力店舗に資源集中

 セブン&アイ・ホールディングスは25日、傘下のそごう・西武が来年2月末に西武船橋店(千葉県船橋市)と西武小田原店(神奈川県小田原市)を閉鎖すると発表した。大型ショッピングセンター(SC)や専門店、ネット通販の台頭などで顧客離れに歯止めがかからず、収益の抜本的な改善は難しいと判断した。今後は、首都圏の主力店舗に経営資源を集中する。

 西武船橋店は昭和42年に開店したが、最近は近隣の大型SCや同業他社に押され売り上げが減少。平成29年2月期の売上高は169億円と、ピーク時(平成4年2月期)に比べ3割程度に落ち込んでいた。跡地は、セブン&アイグループが複合施設として再開発することを検討する。

 西武小田原店は平成12年の開店。駅から遠いといった課題もあって営業不振が続き、29年2月期の売上高は74億円と、ピーク時(16年2月期)に比べ半分以下にとどまっていた。

 そごう・西武は、郊外の不採算店舗を中心に閉鎖や売却を進めている。昨年9月に西武旭川店(北海道旭川市)とそごう柏店(千葉県柏市)を閉鎖。今年2月には西武筑波店(茨城県つくば市)と西武八尾店(大阪府八尾市)を閉めた。

 今年10月には、そごう神戸店(神戸市)と西武高槻店(大阪府高槻市)の関西2店舗を同業のエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに売却する予定。25日に発表した2店舗の閉鎖により、そごう・西武の国内百貨店は15店舗になる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ