プログラミング体験で鍛える「子供の考える力」 企業と保護者が熱視線

【ビジネスの裏側】

 コンピューターを動かすプログラムを作成する「プログラミング」を、子供が気軽に体験したり、本格的に学んだりするための取り組みが増えている。さまざまな分野でIT化が進展したことによるプログラマー不足の解消だけでなく、子供が筋道を立てて考える訓練になるという教育効果への期待も追い風になっている。(阿部佐知子)

 「難しくない」

 子供向け職業体験テーマパークのキッザニア甲子園(兵庫県西宮市)は7月10日、ロボットのプログラミングを体験できる施設をオープンさせた。パーク内の携帯電話販売店で「入店の受付」「窓口業務」を担当するロボットのプログラムを作成する-という想定だ。

 子供たちは、「スマートフォンの機種をご案内します」「白をご用意します」といった応対の順序や、「お辞儀をする」「左手をあげる」などの動作をどんな場面で行うかを考える。動作や言葉が書かれたアイコンをタブレット端末上で並べ替えると、ロボットが指示に従って動く。

 参加者は来店客役にもなり、ロボットが指示通りに動くと歓声を上げた。名古屋市の小学4年生、中川誉(よし)裕(ひろ)君(10)は「ロボットの動作を決めたら、その通りに動いておもしろかった。思ったほど難しくない」と話した。

次ページIT市場は今後も拡大し人材不足がさらに深刻化すると予測される中…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ