JT加熱式たばこ 無臭にこだわり続けた開発苦労は報われるか

 受動喫煙防止の観点から、煙たがられる一方のスモーカー。だが、そんな肩身の狭い愛煙家の強い味方になりつつあるのが、火を使わず煙も少ない「加熱式たばこ」だ。

 ここわずか1年ほどの間に、従来の紙巻たばこから加熱式に乗り換えた喫煙者が急増。たばこ市場全体に占める加熱式たばこのシェアは15%を超え、2020年には30%になるとの予測もある。

 普及の先駆けとなったのは、米フィリップ・モリスが2016年4月から日本で発売した『IQOS(アイコス)』である。

 同社は専用たばこの葉を燃やさずに電気で高温加熱し、発生した蒸気を吸い込む方式を開発。ニコチンは含有しているものの、燃やさないことで発生する有害性成分の9割削減に成功したと発表。「たばこはやめたくないが、煙で周囲に迷惑もかけたくない」という喫煙者の悩みを見事に解消させた。

 一方、アイコスに負けじとオンラインを主体に販売拡大中なのが、日本たばこ産業(JT)の加熱式たばこ『Ploom TECH(プルーム・テック)』である。

 プルーム・テックはすでに昨年3月より福岡市限定で発売されていたが、注文が殺到。あまりの反響の大きさに生産が追い付かず、一旦販売中止となっていた。そして、ようやく満を持して東京での拡販にこぎつけた。新宿と銀座の大都市ではプルーム・テックが体感できる専門店をオープンさせ、連日、加熱式たばこに興味津々のスモーカーたちで賑わっている。

次ページそれほど注目を浴びるプルーム・テックとはどんなたばこなのか

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ