東芝、10日に迫る有報提出期限 「限定適正」か「不適正」か ぎりぎりの折衝

 東芝の平成29年3月期の有価証券報告書の提出期限が10日に迫った。監査を担当するPwCあらた監査法人は東芝に「限定付き適正」か「不適正」の監査意見を示す方針を伝えているが、まだ確定せず、ぎりぎりの折衝が続いている。

 米原発事業の巨額損失を認識した時期で、東芝とPwCあらたの意見には隔たりがある。東芝は昨年12月に認識し、その時点で決算に計上したと主張。一方、PwCあらたは認識したのは平成28年3月期で同期決算に計上しなかったのは誤りだと指摘する。不適正なら東芝の上場廃止リスクが高まる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ