東芝の“新世代コードレスクリーナー”は裏表のないキャニスター式だった

 東芝ライフスタイルは8月3日、掃除の負担を軽くすることをテーマに開発した「新世代のコードレスクリーナー」(同社)、「VC-NXシリーズ」を発表した。一般的なスティック型ではなくキャニスター式を採用し、本体部分は表と裏のどちらが上になっても問題のないユニークな掃除機に仕上げた。

「VC-NXシリーズ」使用イメージ。駆動音は60dB程度だという

「VC-NXシリーズ」使用イメージ。駆動音は60dB程度だという

 発表会に登壇した東芝ライフスタイル、執行役員クリーン事業部長の千田一臣氏は、コードレスクリーナーが人気を集めている背景について、「ユーザーが求めているのは吸引力と利便性。この傾向は今後も続く」と分析。この2つを満足させるため、東芝が考えたのは新型モーターの開発とキャニスター式の採用だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ