ポテチ原料不足で57億減収 カルビー4~6月期

 カルビーは3日、ジャガイモの不作に伴うポテトチップスの一部商品の販売休止により、4~6月期の減収額が約57億円に上ったと発表した。不作は昨夏に北海道を襲った台風の影響。同社は今年4月に「ピザポテト」など14商品の販売を休止しており、9月4日までに再開する予定。

 ポテチの休止が業績に響き、3日発表した平成29年4~6月期連結決算は売上高が前年同期比8.5%減の565億円、営業利益は52.1%減の34億円、最終利益は40.3%減の22億円と減収減益だった。

 ただ、今後の販売再開や「フルグラ」の輸出拡大で挽回が見込めるとして、通期最終利益を前期比2.1%増の190億円とする当初予想は据え置いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ