仏銀行に罰金280億円 FRB発表 外為の監督に欠陥で

 【ワシントン=共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、フランスの大手銀行、BNPパリバと米国子会社に合計2億4600万ドル(約280億円)の罰金を科すと発表した。ドルなどの外国為替取引を担当する社員の監督体制に欠陥があったためとしている。

 FRBによると、社員が外国為替をめぐって同業他社と情報交換していたのに気付かず、防止策を講じなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧