東芝株主総会詳報(1)綱川社長が陳謝 WDに「不当に売却を妨害」と非難 怒号なく静かなスタート

 経営再建中の東芝は28日午前、千葉市の幕張メッセで株主総会を開いた。同社は監査法人との意見対立で2017年3月期決算を確定できず、6月23日には6月末が期限だった有価証券報告書の提出を8月10日に延期すると発表。東証1部から2部への降格が決まった。負債が資本を上回る債務超過の解消に向け、半導体子会社「東芝メモリ」売却を進めるも、協業相手の米ウエスタンデジタル(WD)の反対もあり難航。総会では、一向に苦境を脱出できない状況に、業を煮やした株主から批判が相次ぐと予想される。

 小雨が降る幕張メッセには、10時の総会開始前から大勢の株主が詰めかけた。50代男性は「保有株が紙切れになるのが気がかりで参加した。経営陣を一新すべき。時間は限られている」と語気を強めた。元社員で早期退職したという50代男性も「再建の道筋をしっかり示せと言いたい。社員の将来が心配だ」と思いやった。

 総会は午前10時にスタートした。冒頭で綱川智社長が開会を宣言。「まずはおわびを申し上げたい」と切り出した。「本来なら年度の決算などをご報告するはずだったが、できない状況となった。元連結子会社で米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請した米ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)を含め、監査手続きに時間を要している。そのため事業報告や決算報告ができなくなった。また、有報提出に向け、全力を挙げて努力してきたが、8月10日に延長せざるを得なくなった」と、事態を説明した。同社株が東証2部に指定替えされる点にも触れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ