タカタ株、ストップ安 破綻懸念で16%超下落

 週明け19日の東京株式市場で、欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題により経営難に陥ったタカタの株価が16.5%急落した。値幅制限の下限となるストップ安の水準で取引を終えた。民事再生法の適用申請で最終調整しているとの前週末の報道を受け、経営破綻への懸念が高まった。

 報道の真偽を確認するとの理由で、16日は東京証券取引所がタカタ株を終日売買停止としていた。19日は再開されたが、売り注文が買い注文を大きく上回り、売買が成立しないまま推移した。取引終了時に、一部取引の成立を認める配分が実施された。終値は売買停止前の15日比で80円安となる404円。

 16日夜にタカタが、今後の再建に向け「あらゆる選択肢が検討されている」とするコメントを発表したことから、19日は停止措置が解除された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧