東芝経営再建 鴻海陣営にアップルなど参加 WDのCEOは国内投資継続を表明

 経営再建中の東芝が売却手続きを進める半導体子会社「東芝メモリ」をめぐり、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の買収案に米アップルや米アマゾン・ドット・コムが参加する見通しであることが6日、分かった。鴻海子会社のシャープ首脳が明らかにした。鴻海の買収案に出資を予定する企業はシャープも含めて5~6社になる見込み。米大手企業との連携をアピールし、買収合戦で巻き返しを図る。

 一方、東芝と生産で協業する米ウエスタンデジタル(WD)のスティーブ・ミリガン最高経営責任者は6日、三重県四日市市に半導体の新工場を建設する構想を表明した。東芝メモリの他社への売却に反対し、東芝と対立しているが、国内への長期的な投資継続の姿勢を訴え、対立解消に向けた協議を有利に運ぶ狙いがあるとみられる。WD幹部は今週来日し、東芝幹部に譲歩案を示す見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ