東芝危機 決算なく株主総会 上場維持に悪材料か

 経営再建中の東芝は31日、6月28日に開催する定時株主総会で、平成29年3月期決算の報告ができないと発表した。監査法人と対立し、6月末の期限までに決算を含む有価証券報告書を財務局に提出できるか見通せないため。東京証券取引所は東芝の内部管理体制の改善を見極めて上場廃止を判断するが、審査に悪材料となりそうだ。

 定時総会では、電力事業を分社化する議案と取締役候補者の選任議案を株主に諮る。有価証券報告書はぎりぎりまで提出に向け調整するとしたが、決算についてはあらためて臨時の株主総会を開催する方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ