トランプ政権 トランプ米大統領、FTAと投資協定の悪影響を調査 大統領令に署名、不公正貿易には制裁

 トランプ米大統領は29日、自由貿易協定(FTA)と投資協定の悪影響の調査を命じる大統領令に署名した。不公正貿易には高関税などの制裁措置の発動検討を要請し、世界貿易機関(WTO)のルールが公正かどうかも調べるよう求めた。

 米国は現在、20カ国とFTAを結び、2国間の投資協定は42ある。日本とはFTAも投資協定も結んでいない。

 また、トランプ氏はホワイトハウス内に貿易や製造業の政策を担当する部署を新設する大統領令にも署名した。

 大統領令は政権発足100日目に当たる29日に、通商政策での強硬姿勢を改めて示すのが狙い。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ