GW直前 プレ金さらにかすむ 「早帰り断念」37% 旅行需要 予想外の苦戦

 月末金曜の仕事を早く切り上げて退社し、買い物、飲食、旅行などの消費拡大や働き方改革につなげる「プレミアムフライデー(プレ金)」は28日に3回目を迎える。初回の2月24日は話題を集めたが、3月は年度末日と重なったことで、早帰りする人が少なく、盛り上がりに欠けた。4月もゴールデンウイーク(GW)突入前日のため、3月同様、低迷の懸念が強まっている。

 ジャストシステムがサラリーマンらを対象に4月のプレ金予定を聞いたところ、「退社時間は変わらないとあきらめている」が37・2%とトップ。一方、「なんとしても午後3時退社」4・2%、「いつもよりは早めに退社」5・5%と早期退社組は1割未満にとどまった。GWをしっかり休むために28日中にできる限り仕事を処理しようとする人が多く、プレ金を楽しめない実態が浮き彫りになった。

 そこで、流通業界は、プレ金で半日早くGWに突入できるとして、旅行者を意識した取り組みを進める。

 JR東京駅に隣接する大丸東京店(東京都千代田区)は、もともと地下食品フロアで弁当を買い求める人が多い。28日には旅行者がさらに増えるとみて、米沢牛特盛弁当(3240円)など新作27点を発売。帰省客を狙って、東京土産3ブランドを試食できるイベントも開催する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ