日本郵便と楽天、再配達削減へ協力 初回受け取りでポイントアップ 配達を事前に通知

 日本郵便と、インターネットショッピングサイト「楽天市場」を運営する楽天は5日、再配達の削減に向けた連携強化を発表した。利用者が不在であっても楽天市場の商品を指定の場所に置けることや、初回の配達で受け取った利用者に楽天ポイントを付与することが柱で、年内に始める。再配達削減はネット通販市場の拡大に不可欠になっており、宅配業界だけでなく他の業界にも対策が広がっている。

 日本郵便と楽天の再配達削減策は、コンビニエンスストアなど2万6千カ所で可能だった自宅以外の受け取り拠点に郵便局2万カ所を追加するほか、自宅の玄関前やガレージなど利用者が指定した場所に商品を置けるようにする。楽天のスマートフォンのアプリを通じて30分後に到着することを通知し、初回の配達で受け取った人には5~50ポイントの楽天ポイントを付与する。

 楽天は、出店者向けに配送運賃を値下げすることや、宅配便最大手のヤマト運輸など他の宅配業者との連携も検討する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ