三越伊勢丹の新経営陣、労組と「対話」重視 改革遅れ「負のスパイラル」の懸念も

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は20日、三越千葉店(千葉市)と三越多摩センター店(東京都多摩市)を閉店した。同社は業績が振るわない地方と郊外の店舗を整理し、東京都心の旗艦店に経営資源を集中する構造改革を進めてきた。しかし、旗振り役の大西洋社長は労働組合などの反発を受けて3月末に辞任する。4月に発足する新経営陣は労組との「対話」を重視する方針だが、対話に時間をかければ構造改革は遅れ、経営は悪化する「負のスパイラル」に陥る懸念がある。(大柳聡庸)

 33年の歴史に幕を閉じた三越千葉店には、午前10時の開店を前に約550人の行列ができ、店側は急遽オープンを5分早めた。訪れた客からは「閉店するのは寂しい」(60歳代男性)と惜しむ声も聞かれた。

 千葉店はバブル期の平成3年度に507億円の売上高を誇ったが、27年度の売上高は約4分の1の126億円まで激減した。多摩センター店も、19年度に70億円あった売上高が27年度には63億円と1割減った。

 大型ショッピングセンターやネット通販の台頭などで、百貨店を取り巻く経営環境は厳しい。特に、地方は高齢化が進行し、訪日外国人の恩恵も受けにくいため苦戦している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧