国際特許出願、3位中国が日本に迫る

 世界知的所有権機関(WIPO)は15日、世界の企業などによる2016年の国際特許登録の出願件数を発表した。

 国別で中国が前年比44・7%増の4万3168件で3位となり、2位の日本の4万5239件に迫る勢い。首位は米国の5万6595件だった。WIPOは「この勢いが続けば、2年以内に米国を抜くだろう」と指摘した。(ジュネーブ 共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧