加熱式たばこ、販売競争で火花 受動喫煙防止策の動向注視

 大手メーカーによる加熱式たばこの販売競争に“火”がついている。先行する米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)が3日、東京・銀座に国内8カ所目の専門店をオープンする一方、追う日本たばこ産業(JT)も同日、福岡市に同社初の専門店を開設する。加熱式は灰や煙、においが少ないといった特徴が受け、市場が急拡大している。ただ、政府の受動喫煙防止の強化策で規制対象となれば、成長が鈍化する懸念もくすぶる。

(大柳聡庸)

 「最終的にはすべてを加熱式にしたい」。2日会見したPMI日本法人のポール・ライリー社長は、今後は加熱式が主流になるとの見方を示した。

 PMIは他社に先駆け平成26年に加熱式「アイコス」を発売し、今では国内たばこ市場でシェア約8%を握る。さらに、充電時間を20%短くするなどの改良を加えた新型アイコスを3日に発売し、ライバルを突き放しにかかる。

 追いかけるJTは、「プルーム・テック」を昨年3月にインターネットと福岡市内限定で発売し、今年6月には東京でも販売を開始。来年の上半期には全国で展開する計画だ。JTの小泉光臣社長は「今年は“10年戦争”の始まりだ」と巻き返しを誓う。

 一方、最後発の英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)も追い上げのピッチを速める。昨年12月に「グロー」を仙台市内で発売したが、年内には全国で販売する方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ