「プレ金」で午後から寄り道か? 「早帰り」取り組み確認できた企業は120社

 政府と経済界が考案し、月末の金曜日の仕事を早く切り上げることで消費を喚起しようとする「プレミアムフライデー(プレ金)」が24日からスタート。大和ハウス工業(大阪市)など導入企業では、従業員を早帰りさせるなどの取り組みがみられた。

 プレ金は2月から毎月末に実施。飲食店や百貨店などは仕事帰りの人を呼び込もうとする催しや、関連商品を販売する。経済産業省によると、23日時点で早帰りなどの取り組みが確認できた企業は120社程度という。

 大和ハウス工業はこの日から、パートを含む全国の従業員約1万9千人を対象に偶数月の最終金曜日の午後を有給休暇にできる制度を開始。通常の勤務時間は午前9時~午後6時だが、始業を午前8時に早め、午後を有給扱いとした。広報担当者は「業務効率化の意識付けも図りたい」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ