回転寿司「スシロー」が3月30日に東証上場へ 8年ぶり株式公開、大型上場と期待

 東京証券取引所は22日、回転ずしチェーン最大手「あきんどスシロー」の持ち株会社にあたるスシローグローバルホールディングス(大阪府吹田市)の上場を承認したと発表した。上場予定日は3月30日。上場先は東証1部または2部としているが、1部の公算が大きい。平成21年4月に非上場となって以来、約8年ぶりに市場に復帰する。

 あきんどスシローは15年9月に東証2部に上場したが、19年に投資ファンドのユニゾン・キャピタルと資本業務提携し、21年4月に非上場となった。その後、英投資ファンドのペルミラが24年に傘下に収めた。

 3月21日に売り出し価格を決める。ペルミラは保有株を売り出す。市場関係者の間では、スシローグローバルホールディングスの時価総額は1000億円を超えるとの見方もあり、外食企業の再上場としては26年のすかいらーく以来の大型案件になる可能性がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ