トランプ大統領 誤解?混じりの危うい口先介入「日本市場は閉鎖的」「為替操作国」

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は11日未明に初会談。これまでのトランプ大統領の発言を振り返ると、誤解が混じった“口先介入”で日本市場の「閉鎖性」や「円安誘導」を批判してきた。日本政府は今後も、米国への“貢献”をアピールする構えだが、理解を得られるか不透明だ。(田辺裕晶)

 「日本は米国車の販売を困難にしている。大きな船に何十万台もの車を載せてやってくる」

 トランプ氏は、日本車が米国で普及しているのに日本で米国車が売れないのは不公平だと批判する。実際、米国が2016年に輸入した日本車は金額ベースで392億6100万ドル(約4.4兆円)に上るが、日本に輸出した米国車は5億1800万ドルにとどまる。

 ただ、日本車の輸出額が大きいのは高級車の割合が多いためで、台数ベースでは、ピークの343万台(1986年)からほぼ半減。米販売の大半は現地生産車だ。

 日本は乗用車の関税を1978(昭和53)年に撤廃し、安全面などの規制も欧州との共通化が進んだ。米国車が日本で売れないのは、狭い道路事情にそぐわない大型車が多いため。一方、燃費の良い日本の小型車は米国で人気だ。

 さらに、国内の雇用創出を重視するトランプ氏は企業の海外移転を批判。トヨタ自動車のメキシコ新工場建設計画に対しても、「米国に工場をつくるか、巨額の関税を払うか」と二者択一を迫った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ