たばこ大手の英BAT 米同業のレイノルズを買収 世界首位に躍進へ

 英たばこ大手のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は17日、4割超を出資する米同業レイノルズ・アメリカンを買収することで合意したと発表した。レイノルズの発行済み株式57・8%を約494億ドル(約5兆5700億円)で買い取る。

 米調査会社ファクトセットによると、1月13日時点のBATとレイノルズの株式時価総額を合算すると、米フィリップ・モリス・インターナショナルを抜き世界首位の上場たばこ会社となる。世界的な健康志向と規制強化でたばこの需要が頭打ちとなる中、規模拡大で合理化を進める。

 BATは「ダンヒル」「ケント」、レイノルズは「ニューポート」「キャメル」などのブランドでそれぞれ知られる。

 BATのニカンドロ・デュランテ最高経営責任者(CEO)は声明で「(買収は)長期にわたる持続的な利益拡大と株主還元をもたらす」と強調した。

 BATは昨年10月、レイノルズに対する買収提案を発表していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ