【CMウオッチャー】キュートな眼鏡っ娘、吉岡里帆がURをPRであーる

 年末から正月にかけては毎年、賃貸住宅関連のCM合戦が熱を帯びる。春からの新生活に向け、引っ越しを考えている人たちにアピールするためだ。独立行政法人都市再生機構(UR)が今シーズンのCMに起用したのは、売り出し中の女優、吉岡里帆さん(23)。コミカルだがキュートな装いと、くるくる変わる表情から目が離せない。

 昨年12月16日から全国放映しているCM「URであーる。」シリーズは、いずれも15秒の「春キャン」篇と「4つのナシ」篇。吉岡さんが着けている眼鏡やちょうネクタイなどは、左右でパープルとブルーに分かれている。URのロゴに合わせた色使いが、清潔感のある真っ白なブラウスに映えている。

 内容はいたってシンプルだ。「春キャン」篇は、冒頭で吉岡さんが「お部屋探しはURであーる」と、高らかに宣言。その理由を質問する記者に対して「キャンペーン中だからであーる」と述べる。やけに堂々とした態度だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ