トヨタ&スズキ、歴史的提携に秘められた豊田家と鈴木家の絆

 2016年の日本経済界を揺るがした大企業をめぐるニュースの多くには、「創業家の強い影響力」という共通点があった。時に成長を押し上げる原動力になり、時に抵抗勢力になり、時に経営を危うくする。「畏るべき創業家」を解剖する。

 自動車業界最大のニュースは10月12日に発表されたトヨタとスズキの業務提携だった。記者会見の席上、スズキの鈴木修会長(86)は経緯についてこう明かした。

 「今回こうしてトヨタとの協業に向けて協議を進められることになり、大変ありがたい。豊田章一郎名誉会長にまず相談させていただき、豊田章男社長にも協業に関心を示してもらい、大変感謝している」

 豊田章一郎名誉会長と鈴木修会長は、普段から食事を共にする仲で、鈴木会長は5歳上の章一郎名誉会長(91)を「お兄さんみたいな存在」と語っている。

 トヨタグループには軽自動車を主力とするダイハツがすでにある。業界内では今回の提携を疑問視する声も大きく、2016年1月に日経新聞が「提携交渉」をスクープした際には、両社とも揃って否定した。それから9か月、両社が大きな決断をした背景には創業家同士による決断があったのである。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ