山本有二農水相、「大臣として職責を全う」と辞任否定 「深く反省」と重ねて謝罪も

 山本有二農林水産相は8日の閣議後会見で、自身の度重なる問題発言で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案の衆院通過が遅れていることに対し、「大臣として職責を全うするべく誠心誠意努力を重ねて参りたい」と辞任を否定、「各方面の重要事項に関してご迷惑をおかけしたことを深く反省している」と謝罪した。

 山本氏はTPP承認案の「強行採決」に言及し、謝罪に追い込まれたにもかかわらず、「冗談を言ったら首になりそうになった」と軽口をたたき、批判を浴びた。野党からは辞任を求める声が上がり、衆議院の審議に影響が出ている。

 このほか、「JAの方は農林水産省に来れば何か良いことがあるかもしれない」と発言したことについて、山本氏は「農業に携わる人に、地元の話を聞くことで、明確な課題や問題意識が生まれる。そういう意味で、直接の話が聞きたいということだった」と釈明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ