日産が三菱自に2373億円を出資、34%筆頭株主に ゴーン会長は12月14日付

 三菱自動車は20日、日産自動車を引受先とする第三者割当増資を実施、日産から2373億6187万円の払い込みを受けたと発表した。日産は三菱自の発行済み株式の34.0%を保有する筆頭株主となった。これを受けて12月14日付で日産のカルロス・ゴーン会長兼社長が三菱自の代表権のある会長に就任する。

 三菱自動車の益子修会長兼社長は社長を留任することが決まった。このトップ人事を確定するため、三菱自は12月14日に臨時株主総会を開く。

 日産は三菱自の株式5億662万株を1株当たり468.52円で取得した。

 燃費データ不正問題で経営が悪化した三菱自動車はゴーン会長、益子社長の新体制で日産の全面協力を得ながら立て直しを急ぐ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ