勤務先の「もしも」に備え…副業のすすめ 「社員の成長」歓迎企業も

 経済の先行き不透明さや国際競争の激化などにより、大企業に勤めていても将来に不安を抱く人は多い。そうした中、勤務先以外に、空き時間を使って他社などで「副業」するケースが増えている。組織に頼らずにキャリアを磨いて生活力をつけたいという人の副業を支援するサービスが人気を集める一方、社員に副業を認める大手企業も登場した。(栗井裕美子)

 ◆ユニーク起業

 「外資系航空会社の日本人客室乗務員約150人が、顧客企業の業務を代行します」。フランスの航空会社に客室乗務員として働く片山裕子さん(35)が、副業として昨年10月に設立した「AirSol(エアソル)」(東京都千代田区)をアピールしたキャッチコピーだ。

 通訳や製品PRなど企業からのアウトソーシング(業務の外部委託)の依頼を取りまとめ、エアソルに登録している外資系航空会社勤務の客室乗務員たちに割り振る。片山さんも登録者も勤務先から副業が認められている。

 片山さんが起業したきっかけは、客室乗務員は市場調査など個人的な依頼を受けることが多く、一人でこなせない案件もあったことだ。このため、依頼を受ける窓口を一本化させて効率化させようと考えた。

 現在、大阪に本社を置く伊藤忠食品や東京の大手広告代理店などと取引し、通訳や製品PRなど幅広い業務を請け負っているという。また海外出張の代行は、顧客が自社の社員を派遣するよりもコストが安いケースもあり、「中小企業の海外進出の力になれる」(片山さん)と意欲的だ。

 1週間で世界5都市を移動することもある多忙さだが、「客室乗務員は体力的に大変で閉塞(へいそく)感を感じている人もおり、日常とは異なる業務に携わることで新たな可能性を発見したり、本業のプロ意識を高めたりするきっかけとなれば」と片山さんは話す。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ