ネット人口7億人の財布 中国、「フィンテック」急成長 上海支局長・河崎真澄

 【日曜経済講座】

 鉄鋼や石炭、セメントや石油など、過剰な生産設備と在庫の山、余剰人員で赤字をタレ流す重厚長大の国有ゾンビ企業群の問題に目を奪われがちな中国経済。一方で、昨年末に6億8千万人を超えた膨大なインターネットユーザーを抱える軽薄短小のIT(情報技術)関連市場の成長性にも注目しておくべきだ。

 中国工業情報化省が集計したソフトウエアと情報技術サービス統計によると、中国IT産業の売上高は2015年に4兆3千億元(約73兆円)と前年比で16・6%増だった=グラフ参照。

 中国では国内総生産(GDP)が15年、物価変動の影響を除いた実質ベースで6・9%増にとどまり、1989年の天安門事件の影響で経済が冷え込んだ90年以来の25年ぶりの低い伸びとなった。その成長鈍化の中で、IT産業の16・6%増は出色だろう。

 中国では昨年、GDPへの寄与度としてサービス業が中心の「第3次産業」が50・5%と初めて50%を超えた。減少が続く農林水産業の「第1次産業」は9・0%、製造業など工業の「第2次産業」が40・5%だった。ITは第2次と第3次にまたがる。

 従来型のいわば直接目に見える製造業などを算出基準にしているGDPで、ネット取引など目には見えないIT産業の効果は統計に表れにくい面がある。このため、NTTデータ中国投資チーフストラテジーオフィサー(CSO)の新川陸一氏は「中国では実のところ、重厚長大から軽薄短小へと産業構造の変化が急速に進行している、と考えるべきだ」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ