マイナス金利 三井住友信託の住宅ローン固定10年が年0・5%に

 三井住友信託銀行は25日、普通預金と住宅ローンの金利を3月1日から引き下げると発表した。普通預金は現在の年0.02%から0.001%に、住宅ローンは主力の固定型10年の最優遇金利が0.7%から0.5%にそれぞれ下がる。日銀のマイナス金利政策導入に伴って市場で長期金利が大きく下落していることを反映した。固定10年の住宅ローン金利としては大手銀行の中で最も低い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ