スズキ、新小型SUV「イグニス」発売 小型車拡大の「原動力」に

 スズキは21日、新小型スポーツ用多目的車(SUV)「イグニス」を2月18日に発売すると発表した。小型車の使い勝手を保ちつつ、雪道でも安心して走れる設計を採用した。小型車のラインアップを広げ、軽自動車に依存する経営体質からの脱却を目指す。

 鈴木俊宏社長は21日の記者会見で、軽を除く小型車の販売目標、年10万台の達成に向け「大きな原動力になる商品だ」と述べた。同社の平成27年の小型車販売は約7万6千台。

 イグニスは電動モーターが加速を補助するハイブリッド技術を全車種に採用した。燃費は1リットルあたり最高28・8キロ。主力小型車「ソリオ」と同じ車台を使うが、最低地上高は4センチ高い18センチとし、雪道などでも安定走行できるようにした。

 価格は138万2400~177万8760円。月1500台の販売を目指す。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧