笠原シェフが選ぶ日本料理に合うワイン 3月発売

 スペインのワイン産地・リオハを代表するクネを輸入する三国ワイン(東京)は20日、東京・恵比寿の日本料理店「賛否両論」の笠原将弘店主が選んだ和食に合うワインを3月10日発売すると発表した。

 実際に笠原氏がリオハに赴き、クネなどのワイナリー4カ所で醸造責任者とテイスティングするなど、「日本料理に合うワイン」という狙いでブレンドを手がけた。

 セレクションワインは赤と白の2種類。赤は「エレガントでデリケートな味わい」が特徴で、白は「魚料理だけでなく、鶏肉や豚肉料理にも合う」という。

 希望小売価格は赤が2500円、白が2300円、進物向けの赤白のセットが5千円(いずれも税別)。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧