VW排ガス不正問題 VWの10月国内販売がなんと半減! ベンツ、BMWに抜かれ3位転落 7年1カ月ぶり 

 日本自動車輸入組合が6日発表した10月のブランド別国内販売台数で、独フォルクスワーゲン(VW)は前年同月比48・0%減の2403台となり、前年から半減した。2カ月連続のマイナスで、下落率は過去2番目の大きさ。排ガス規制逃れ問題によるブランドイメージの低下が直撃した格好だ。

 10月の販売で、VWは首位のメルセデス・ベンツ(4109台)だけでなく、BMW(3109台)にも抜かれ、7年1カ月ぶりに3位に転落した。VWグループのアウディも29・4%減の1403台で6カ月ぶりのマイナスだった。

 外国メーカー車全体の販売台数は10・0%減の1万7535台。VWの不振が全体を押し下げており、同組合は「年間販売は30万台を超えると説明していたが、達成は厳しい」としている。

 1~10月の累計では、VWが前年同期比14・7%減の4万6596台。一方、メルセデス・ベンツは11・7%増の5万3775台で、両社の差は7千台以上でVWは16年ぶりに年間首位を奪われるのが確実だ。 VWは国内では不正が判明したディーゼルエンジン車を販売していなかったが、問題が発覚した9月以降、来店客が減少していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ