ファストリ最高益 8月期連結 海外事業大幅増益 柳井社長「ネット通販強化」

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが8日発表した平成27年8月期通期連結決算は、売上高が前期比21・6%増の1兆6817億円、本業のもうけを示す営業利益が26・1%増の1644億円といずれも過去最高を更新した。

 中国や韓国を中心に海外のユニクロ事業の営業利益が、31・6%増と大幅増益となったことが全体の業績を押し上げた。

 東京都内で記者会見した柳井正会長兼社長は、「インターネット通販事業を強化し、現在約5%の売上高比率を30~50%に拡大する」方針を明らかにした。達成時期については「10年以内にはいくだろう。早ければ3~5年になる」と述べた。

 また、中国経済の減速による中国事業の影響について「全くない。好調だ」とし、引き続き出店攻勢をかける考えを示した。一方、国内の消費動向については「良くない。消費経済は停滞ないし縮小していると思う」との見方を示した。

 28年8月期は、売上高が前期比13・0%増の1兆9千億円、営業利益が21・6%増の2千億円と、ともに過去最高の更新を見込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ