ソニーがクラウドファンディング 新規事業創出に活用

 ソニーは1日、インターネットを通して不特定多数の投資家から資金を調達する「クラウドファンディング」とネット通販のサービスを提供するウェブサイト「First Flight」を開設した。家電用新型リモコンの製品化に向け、同日、資金調達を始めた。

 新型リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」は、多数の家電を1台で操作できるほか、タッチパネル部に電子ペーパーを使い、よく使うボタンだけをまとめて表示するなど、自由にカスタマイズできるのが特徴だ。1カ月半程度で500万円を調達し、年内にも出荷する方針だ。

 このほか、電子タグを組み合わせた電子工作キット「MESH」や、電子ペーパーを使った柄が変わる時計「FES Watch」の予約販売も始めた。

 クラウドファンディングは、主に資金や信用が乏しいベンチャー企業が、商品開発の資金調達に活用するケースが多い。だが、ソニーはクラウドファンディングの手法を使って消費者のニーズをくみ取り、ものづくりに反映することで、製品開発力の強化につなげる狙いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ