訪日客急増 爆買いの次は「爆泊」 ホテル取れない、出張族ら悲鳴

 円安などに伴う訪日外国人の急増で、大阪市内のホテルでは予約を取るのが難しい状況が続いている。ビジネスホテルなどにとどまらず、「日本らしさ」が受けてラブホテルまで盛況だ。そのあおりで苦労しているのがビジネスマンで、急な出張ではホテルを確保できず、インターネットカフェで夜を明かす人も増えている。

 ■ほとんどが外国人

 月に1度、東京から大阪に出張するという男性会社員(49)は「最近、ビジネスホテルはどこも満室で、予約が取りづらくなった」とこぼす。実際、大阪市内ではビジネスホテルを中心に高稼働率が続く。

 大阪第一ホテル(大阪市北区)の3月の客室稼働率は100%と満室。帝国ホテル大阪(同)も前年同月比11・4ポイント増の90%で、3月単月としては開業以来最高の稼働率を更新した。

 大阪・ミナミにある築約40年のラブホテル「HOTELメルヘン」は約3年前に海外の宿泊紹介サイトに掲載されると、3割程度だった稼働率が最近では9割超に伸びた。畳敷きの部屋もあり、「昭和の日本が体験できると好評。リピーターもいる」(同ホテル)ほどで、現在では宿泊客のほとんどを外国人が占める。

 ■宿泊料金も上昇

 観光庁の調査によると、平成26年にホテルや旅館などで外国人が宿泊した回数(延べ宿泊者数)は、前年比33・8%増の4482万人で過去最高を記録した。

 大阪市内のホテル関係者は「急に決まった出張の場合、キャンセル待ちをしてもらうしかない」と話す。そのうえ、需要の高まりに伴って「宿泊料金も上昇している」(JTB西日本)といい、出張予算の制約がある人には厳しい状況だ。

 ■カプセルなどに注目

 その一方で、大阪・梅田の1泊2600円から泊まれるカプセルホテル「カプセル・イン大阪」では「ビジネスホテルを予約できなかった」という人の利用が増えている。以前は稼働率5割程度だったのが、3月は約75%で、金曜、土曜日には毎週満室の状態。安く夜明かしできるインターネットカフェにも注目が集まっており、「アプレシオ梅田店」(同市北区)は「ビジネスマンの利用が増えている」(担当者)という。

 大阪市内では宿泊施設の拡充が相次ぐが、外国人客増加の勢いにホテルの部屋数が追いつくには時間がかかる。出張族の宿探しの苦労は当分続きそうだ。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧