ニコン 英眼底カメラ大手を478億円で買収合意:イザ!

2015.2.27 19:48

ニコン 英眼底カメラ大手を478億円で買収合意

 ニコンは27日、英国の眼底カメラ大手「オプトス」を買収し、完全子会社化することで合意した、と発表した。買収額は約478億円で、同社としては過去最大規模の買収となる。網膜画像診断機器の製造で強みを持つオプトスを取り込むことで、メディカル事業の強化につなげる狙い。今年6月をめどに買収を完了する見通し。

 オプトスは、網膜の約82%の領域を瞬時に画像化できる独自技術を保有。これにより、網膜剥離や糖尿病性網膜症など、網膜で兆候が確認できる病気の早期発見につながるとしている。また、網膜の表面だけでなく、表面から数ミリ程度の深さまで観察可能な「光干渉断層撮影」技術を活用した診断や治療用機器も豊富にそろえている。

 ニコンは、自社の画像処理技術屋精密技術とオプトスの製品群や独自技術とを組み合わせ、信頼性の高い診断装置などを開発していくほか、オプトスの販売網を使い、販売拡大も狙う。

 ニコンは、中期経営計画で、従来の映像や精機事業に加え、メディカル事業の強化を掲げており、今回の買収もその一環。眼底カメラ市場は、今後成長が期待でき、シナジーも出せると判断した。