【ビジネスの裏側】出世するのは「チャック女子」ばかり? キャリアウーマンが語る女性登用の実態:イザ!

2014.10.10 08:00

【ビジネスの裏側】出世するのは「チャック女子」ばかり? キャリアウーマンが語る女性登用の実態

 「チャック女子」という言葉をご存じだろうか。企業戦士として男社会を勝ち抜いた女性は、思考回路が“男勝り”になりがちだ。そんな女性の外見を着ぐるみに見立て、チャックを下ろして脱ぎ捨てると男性の意識がむき出しになるという意味だ。男性と同じような働き方ができるチャック女子ばかりを登用しようとしても、家庭を顧みなくていいスーパーウーマンはそんなにいない。働き手の減少が予想されるなか、実力ある人材を確保するには企業も結婚や出産などの事情を認め、女性らしく活躍できる環境が必要だ。(石川有紀)

■10大疾病

 「私、実はチャック女子です。部下の女性とどう接したらいいのか…」

 こう打ち明けたのは大手電機メーカー勤務の女性。男社会で競争するため男性同様に働き、仕事中心の生活を送ってきた自身を振り返り、「女子の着ぐるみを着た男性=チャック女子」と表現したのだ。後に続く後輩女性たちのためにも、今の働き方でいいのかと悩んでいるという。

 9月11日、関西企業で働く女性のキャリア形成について考える勉強会「ウーマンズ・ネットワーキング・フォーラム・イン大阪」が大阪府枚方市で開かれた。経営コンサルタントの岡島悦子・プロノバ社長が基調講演。商社や外資系コンサル会社などでキャリアを積んだ経験と重ね合わせて、働く女性が陥りやすい落とし穴を紹介した。

 意識的に男性と同化するチャック女子だけでなく、上司や同僚の視線を気にして仕事に不要な気配りばかりするのが“嫌われたくない病”。自分を過小評価するあまり昇進を断ってしまう“出世嫌悪病”など「10大疾病」として解説。「小さな実績を重ねて自信を持てば、男女関係なくプロとして認められる」「女性は自分を過小評価しがちで、ポジションが人を成長させる」と指摘した。

関連まとめ