携帯のクーリングオフ、本丸の「端末販売」適用除外に 業界要望受け:イザ!

2014.9.18 20:45

携帯のクーリングオフ、本丸の「端末販売」適用除外に 業界要望受け

 通信業界などは自宅の地域で実際に電波が届くかどうかなどを確認できる「お試しサービス」を導入する方向で検討。苦情相談窓口の設置やトラブル減少に向けた取り組みを実施する。

 しかし、委員からは「まだ議論の余地があるのに結論づけるのは拙速」(北俊一・野村総研上席コンサルタント)という意見も出た。端末を除外したことに対して、「ルールを機能させるにはSIMロックがかかった端末は対象にすべきだ」(斎藤雅弘弁護士)という指摘もあった。

 スマートフォンの販売では、端末の負担額が実質0円で、各種サービスと組み合わせて2年契約するケースが大多数のため、解約の是非が分かりにくく、新たな混乱を招く可能性もある。同省は来年の通常国会に電気通信事業法など必要な制度改正案を提出したい考えだ。

【用語解説】クーリングオフ

 契約後、一定期間内なら無条件で契約を解除できる制度で、訪問販売や電話勧誘、連鎖販売取引などが対象。今回の報告書案では、押し売りなどを連想させイメージが悪いと懸念する携帯業界に配慮し、「初期契約解除ルール」と表記した。

関連まとめ