新iPhone目前、お盆返上 液晶・電子部品メーカーが真夏の大増産:イザ!

2014.8.9 19:58

新iPhone目前、お盆返上 液晶・電子部品メーカーが真夏の大増産

 米アップルが9月にも発売する新型「iPhone(アイフォーン)」の部品について、国内の液晶パネルや半導体、電子部品メーカーがお盆休みを返上して増産態勢に入った。アップルによる初期の部品発注数は昨年発売したアイフォーン5cと5sと比べて3~4割多いとみられ、各社の工場はフル稼働となっている。

 複数の米メディアによると、アップルは9月9日に発表会を開催し、同月中にも発売する見通しだ。同社は部品メーカーに対し、年末までに7千万~8千万台の製造を通達したもようだ。

 新型のアイフォーンは画面サイズが従来に比べて大型で、4・7インチと5・5インチの2機種の見込み。液晶パネルは、ジャパンディスプレイ(JDI)とシャープがアップルから受注したとみられる。

 JDIは茂原工場(千葉県茂原市)と能美工場(石川県能美市)のアイフォーン専用のラインをお盆休み中も稼働させる。