三菱UFJ銀がネット振り込み不正対策で「ワンタイムパスワード」導入へ:イザ!

2014.7.22 17:11

三菱UFJ銀がネット振り込み不正対策で「ワンタイムパスワード」導入へ

 三菱東京UFJ銀行は22日、個人向けのインターネットバンキングの不正送金防止策として、振り込み1回ごとに発行、使い捨てする「ワンタイムパスワード」を導入すると発表した。タブレット端末を含むスマートフォン(高機能携帯電話)用にこのワンタイムパスワードを発行する専用アプリを8月10日から無料で提供する。

 手続きはやや面倒になるが、セキュリティは高まると判断し、導入を決めた。

 インターネットバンキングはパソコン用とスマホ・タブレット用の双方に対応する。振り込みをするごとに、専用アプリで6ケタのワンタイムパスワードが発行され、パソコン、スマホにそれを入力する仕組み。スマホの場合もインターネットバンキングのアプリとは異なるため、パスワードは手入力する。

 同行では、スマホを使わない人向けに、今年度内にもパスワード発行専用の小型端末の配布を始める方針だ。