ネット不正送金に対策指針 全銀協 今年の被害14億円超え:イザ!

2014.7.17 21:51

ネット不正送金に対策指針 全銀協 今年の被害14億円超え

 全国銀行協会(全銀協、254金融機関)は17日、企業がネットバンキングで預金を盗まれる不正送金の被害を防ぐため、企業と銀行が守るべき対策の指針をまとめた。安全対策が不十分な企業に対しては銀行は被害補償しない方針。企業に安全対策の強化を促し、被害を少なくする。

 指針では、企業に対して銀行が用意するセキュリティー対策の実施▽基本ソフトウエア(OS)の最新化-など6項目を守るよう求める。企業がこれらの対策を守らない場合、銀行が被害の補償に応じないケースもあるとした。個人は過失がなければ原則として被害を全額補償する。

 一方、銀行は、電子証明書のセキュリティー強化や使い捨てパスワードの導入などを講じる。

関連ニュース